スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだっけ・・・

今日の仕事帰りに、何かを思い出した。
なんだっけ・・・・
なんかすげー懐かしいなーって感じのこと。

今日は天気が良くて、
暖かくて、
久々に自転車に乗って、
(歩いて20分位の所まで、社長の自転車借りて
     現場の人が落した携帯電話を取りに行った)
桜がうわぁ~っと咲いててきれいで、
仕事は電話も人も少なくて問題もなくて
洗濯物はほとんど乾いてて

なんだろー・・・
子供の頃、小学生くらいの頃のことみたいなんだけど
思い出せないなぁ。
ゴムぞうりの裏?
違うなぁ(苦笑)
スポンサーサイト

振替伝票の(BlogPet)

今日、Saiが
引き継いだときには金額を確認・気持ちするだけの
振替伝票の「束」も一緒に引継ぎました。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぐりっそみゅ」が書きました。

気持ちの整理棚 5段目

今月は私の書き方で書いていいとは言ってもらいました。
それを会計事務所に持っていって聞いてみるから、と。

けど。
売掛帳に振替伝票を見ながら記入するのに
金額が違っていてやりにくいから
実際にあった振込額を順売上げと請求した駐車場代とにわけて
左側に書いて欲しいといわれました。
(順売上げと駐車場代は、
    銀行入金内容として右側に記載されてます)
以前は「順売上げ+振込手数料」の金額で1枚、
(もちろん通帳記載金額とはこの時点で違ってきます)
請求した駐車場代の金額で別に1枚、伝票を起こしていたので
売掛帳に記載するのに、金額が違うということがなかったけど
私が左側に実際にあった入金額のみを書いたので、
ぱっと見て金額が違うので、一瞬とまどうそうです。
「私が慣れちゃえばいいだけの話なんだけどね・・・」
と言ってくれてはいますが、漂うオーラは不満満々(苦笑)

いいっすよ、もう。
みなさんのやりやすいようにお仕事しましょ。
やっぱ、沈黙は金なり。口は災いのもと。
来週からの静かな私に乞うご期待!(爆)

気持ちの整理棚 4段目

前任の人は家庭の事情等あり、転職が難しいという話を
聴いたことがあります。
だから上の人には不服があっても絶対服従。
仕事の分担の移動がある時も、
自分の分担が減って仕事数が減ると稼ぎ的に困る・・・
というような事を言っていた覚えもあります。
毎日毎週、家に持ち帰りで仕事をしてすごく大変そうで、
けど、それを上の人があんまり認めてくれない事に愚痴をこぼし
持ち帰ってやってる仕事を、やればできると思われたくなくて
ギリギリまで(できていても)できてないフリを装う人でした。
人事異動があったのと、その大変さを上の人も認識しての
今回の仕事の分担移動でしたが、前任の人にしてみれば
楽にはなるものの「自分の仕事をとられた」感が
あったのかもしれません。

そこに来て私が書き方を変えたのでムッときたのでしょう。
書き方の変更に関して私が調べて得た結果も
「今まで会計事務所から何も言われなかったんだから
 今まで通りでいいじゃない、なんでいちいち文句をつける」
・・・という所かな~っと。

先日の伝票の書き方に関する話し合いのときに、
会計事務所に電話して聞いてみましょうか?と提案したけど
電話で話しても分かりにくいし、図を描いてFAXで送っても
向こうでまぎれてしまう可能性がある。
毎月、伝票を持っていった時に質問等はしているから
今回も(前任の人が)持っていった時に聞くからと言われました。
伝票を書いている私が直で聴くことは許されないようです。
(それにしても、あの書き方で会計事務所の
   指導が入らないってどういうこと?(苦笑))

会社の体系や仕事の形態に関して、
あれだけ色々私と話をしてくれ、意見も言ってきていた人ですが、
この会社の「変える事を嫌う」という体質は持っていたようです。

仕事だから別に、必要最低限の話でもかまわないんです。
それならそれで、私は私の仕事をするだけだし。
けど精神的にすんげー面倒くさいし、やっぱイライラはする。
長いものには巻かれろって事かなーっと思ってます。
これは振替伝票じゃなくて、口座別のメモ。
つけられるのは銀行帳じゃなくて入出金明細帳。
そう思えば、通帳と動いてる金額がまったく合わなくたって
問題は無いわけだし。

気持ちの整理棚 3段目

とりあえず、よくわからないので前任の人に聞いてみました。
前任の人も振替伝票はこの会社に入ってからだったそうで
書きやすいように書いていいという言葉をもらいました。

家に帰っていろいろ調べたり聴いたりして、
とりあえず自分でも合点のいく、オーソドックスと思われる
振替伝票の書き方で書いて持っていきました。
2・3質問はされたものの、とりあえず何事もなく受け取られ
多分、帳簿への書き込みも(写すだけだし)問題は無かったん
だろうと思ってました。

けど、考えてみるとこの頃から、
前任の人の私への態度はいきなり硬化しました。
(これに気がついたのは最近ですが)
最初にどうも機嫌を損ねたようだと感じた翌日、
自分の何が原因かは分からないけど、
自分の行動・言動が理由だろうと思い謝罪をしたところ、
難しい計算が合わなかったから、
それだけだから気にしないでと言われました。
けど、その後も態度がおかしくて、今まではかなり親しく
いろいろ話しをしてくれていたのが、
雰囲気自体が硬い。話す言葉もばりばり敬語。
昨日にいたっては、必要最低限以外は話しかけられる事もなく
すぐ隣にいる私に言ってもらえればいい事も、
他の席にいる人に話を持っていく始末。

その必要最低限の話しかけられた内容のうち、
もっとも長く話していたのが、件の振替伝票の書き方。
別に言い合いをしていた訳でもないのに、
他の人が助け舟を出すように
「前任の人がやっていたやり方で問題がなかったんだし
 その方がやりやすいなら、
 そのままやった方がいいんじゃない?」
その人がそういう風に話しに入ってくるのはけっこう珍しい。
そこでハタと思いあたった。

原因はこれか。


気持ちの整理棚 2段目

さて、振替伝票作業開始です。
本格的に始めるのが遅れてしまい、すでに20日分もたまってる。
時間に追われてあわててやるのが嫌だったので、
今回は家に持ち帰りでゆっくり作業をする事にしました。
通帳のコピーを持ち帰り、手元に「束」を用意し
動きのあった物をピックアップして金額を入れていきます。
 
ん~~~? あれ~~~?
なんだか首をかしげてしまう部分が出てくる。
若いころに事務・経理の仕事を数年だけとはいえやっていて
自分では簿記等の勉強をしていませんが、
会計事務所の先生の言うままに、伝票系は全部書いていました。
ばっちり覚えているわけではないけれど
「こういう書き方だったっけか~~~?」と、
仕事が進むにつれて首をひねる回数が増えていく。

仕方なくネットで調べてみる事にしました・・・・が。
今の世の中、手書きで経理をやっている会社というのは
まれなようで(苦笑)
※ウチの会社にパソは数台あるのですが、ウチ1台がネットに繋がっており、
それがウイルスに感染して情報がだだ漏れになるとまずいという理由で、
全部独立していて繋がってません。
経理業務をパソでやるとその1台でしか見れないという
すんげー不便な状態になってしまう事もあって、
経理業務へのパソの導入は暗黙のうちに不可となっています。
(上の人たちがパソわからない・・・という理由の方が大きそうなのはナ・イ・ショ!)

伝票の書き方(本当にただの書き方)や簿記検定がらみは
いっぱいひっかかってくるけど、
それ以外はみんな「○○会計での入力の仕方」や
「パソコンによる経理業務のすすめ」やらばかり(^^;)

私が知りたいのはもっと単純なことで
「銀行通帳に記載されている金額と
  伝票に記入する金額が違ってもいいの?」ということ。

気持ちの整理棚 1段目

仕事に関して、このブログはそういう位置にあるような(苦笑)

仕事の分担移動があって、振替伝票を担当する事になりました。
とりあえず銀行口座に関してのみ。
前任の人はすごく忙しい人で、
動きがあるごとに書いている時間がないため、
出金に関しては前もって数か月分(家で)作っておき、
入金に関しては売掛帳に記入する時に一緒に作る、
そういうやり方をしていました。
だから、引き継いだときには金額を確認・記入するだけの
振替伝票の「束」も一緒に引継ぎました。

「束」を引き継ぐ時に
「これは私のやり方だから、
  あなたはあなたのやりやすいようにやってね」
というお言葉をいただき、
前任の人が作った伝票がある間はそれを使わせてもらい
科目や何がいつ引き落としがあるか等を見ていって
無くなったら、自分的には先に全部作るのもめんどいから
動きがあった時に作るべかな~と思いました。
出金入金伝票ほど、たくさん動きがある訳でもないので。

Saiで放置したかったみたい(BlogPet)

きょうぐりっそみゅが放置したいです。
Saiで放置したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぐりっそみゅ」が書きました。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。